☆いつも輝いているママの習慣☆

これで子育て楽しくなる!子どもの笑顔が増えるとママも元気になっちゃいます☆

中耳炎について 子どものケガ・病気 子育てのヒント

中耳炎で鼓膜チューブ入れててもプールには入れる?

投稿日:2017-05-31 更新日:

鼓膜チューブを入れたらプールには入れない?ホント?

鼓膜に小さな穴を開けてチューブを埋め込む「鼓膜チューブ留置術」
中耳炎を治すためにやむを得ずこの方法をとっているお子さんってけっこう多いんです!

子どもの中耳炎~鼓膜チューブ留置術について

で,一番困るのが・・・・

プールに入っちゃダメ!

たいていのお医者さんからはこう言われちゃいます。

プールどころか

「運動しちゃダメ!しばらくの間体育は見学してね」

とまで言われちゃうこともあるとか・・・ (>_<)
そんなこと言われたら,頑張って中耳炎を治そう!なんて気持ちもなくなってきちゃうかも・・。

鼓膜チューブを入れてたら大好きなプールは出来ない・・・
はたして本当にそうなんでしょうか?

 

 

鼓膜チューブしてても,プールで泳げるんです!

うちの長男(小6)なんか鼓膜チューブ歴4年以上!
それでも毎年ちゃーんと夏の水泳の授業は受けています。

「プールサイドで見学?」

イヤイヤ,ちゃんと水に入って泳いでいますよ♬

「え?一体どうやって?」

それはね・・・(^^)
コレ⇩を使ってるからなんです!

 

そうです,「耳栓(みみせん)」です!

実はこの「耳栓」かかりつけの耳鼻科の先生に勧められたものなんですよ♬
どうしても夏の間のプール授業,見学ばかりはイヤだった長男,
「どうにかしてプールに入る方法はないものか⁉」
と考え,先生に相談したところ
「耳栓をしてプールに入る」
という方法を教えていただいたんです。

この「耳栓」けっこう硬さもあるし,密着力もすごいのでこれだけでも十分なんですが,

水泳帽(スイミングキャップ)と併用すれば,さらに安心です!

 

イヤーバンデッドと耳栓を併用すればカンペキです!

そしてそして,さらにすごいものがあります。

耳栓をしっかりカバーし,子どもの激しい動きから水をシャットアウト!
水泳はもちろん,スキーなどのウインタースポーツにも最適な「耳保護用ヘッドバンド」なんです。
この「イヤーバンデッド」アメリカのジャック・マルコフ博士が開発した製品で,特許まで取得しているんですよ。

うちの子は耳栓と併用して,いつもこの「イヤーバンデッド」を愛用しています。
色もブルー・レッド・パープル・ピンク・グリーンの5色から選べますが,
基本的にすべてリバーシブルなので裏側はすべて黒色。
長男は目立たない色のパープルを購入していますが,学校で使用する際はさらに目立たない「黒色」を使用しています。

スイミングキャップと併用すると,イヤーバンデッドを着用していることなんて・・まったくと言っていいほど分かりません!
これ本当にすごいです!
付けたらこんな感じ。ねっ,ほとんど分からないでしょ(^_-)-☆

 

「イヤーバンディット パティ・バディーズ耳栓付」の特徴
(その1)ウエットスーツにも使われている「ネオプレンゴム」という素材を使っているため非常に伸縮性に優れています。
(その2)マジックテープで留めるだけで装着できるので,小さなお子様でもカンタンに使うことが出来ます。
(その3)パティ・バディーズの耳栓もセットでついてくるので,これ一つで夏の中耳炎対策はバッチリなんです!

 

やりたいことを諦めずうまく付き合っていきましょう

本人の努力だけでなかなか治ってくれないのが「中耳炎」のやっかいなところ。
だからって,治療のためだけに子どものやりたいことを我慢させるのはあまりにも辛いです。

こんな時こそママの出番!
きちんと治療もしながら,子どもの健全な発育を促していくために,道を探せば何とかなるものなんです!

毎年夏のプールの季節がくるたびに辛そうな顔をしていたわが子。
そんなわが子の喜ぶ顔がみたい!

何かいい方法はないか・・・・

祈るような気持ちで探していたところ出会えたのがこの

【イヤーバンディット パティ・バディーズ耳栓付】だったんです。

「これで僕もみんなと同じようにプールに入れるんだね!」
うれしそうに微笑んでいたわが子の顔をいまだに忘れることが出来ません。

子どもの中耳炎がなかなか治らず悩んでいるお母さん!
この≪イヤーバンディット パティ・バディーズ耳栓付≫
ぜひ一度検討してみる価値は十分ありです♬

 

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-中耳炎について, 子どものケガ・病気, 子育てのヒント

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

子どもの5月病~対策法を一緒に考えてみませんか?

もくじ1 みなさん春はお好きですか?2 5月病にならないように・・対策法ってあるの? みなさん春はお好きですか? 春ってとってもいい季節ですよね。 寒くもないし,暑くもない。 何をするにもいい季節~と …

雛人形はどちらの親が買うもの?人気のタイプと相場について

おじいちゃんおばあちゃんにとって,初孫の誕生はこの上なく嬉しいもの♪ しかし,ここで気になるのが 初節句の雛人形は,どちらの親が買うものなの?ってこと。 母方?それとも父方? 昔から伝わる風習や,地域 …

子どもがケガをした!保険に入ってますか?

もくじ1 子どもの保険,入っていますか?2 翌日,県民共済に電話しました。3 ケガによる通院も一日目からカバーしてもらえます 子どもの保険,入っていますか? うちは子どもたちが生まれてからすぐに, 都 …

小学生の中耳炎ってどうやったら治るの?

もくじ1 中耳炎がなかなか治りません・・2 鼓膜チューブ留置術の困ったところ3 中耳炎は治らない?本当にそうなの? 中耳炎がなかなか治りません・・ 長男(小6)は生後6か月くらいに初めて中耳炎を発症し …

『みんなの家庭の医学』自律神経を整えて健康に!小学生にも出来るカンタンな方法

『みんなの家庭の医学』久しぶりに見ました。 普段あまりテレビをつけることがないんですが, その時はなぜかテレビを見たい衝動に駆られまして・・。 「この番組を見ろ~」 って,神様のお告げだったのかな(笑 …

プロフィール

☆いつも輝いているママの習慣☆
管理人の弥生(やよい)です❤
詳しいプロフィールはこちらから