☆いつも輝いているママの習慣☆

これで子育て楽しくなる!子どもの笑顔が増えるとママも元気になっちゃいます☆

インフルエンザ対策

インフルエンザ予防に効果的なマスクって?効果的な使い方のポイントは?

投稿日:2017-08-25 更新日:

ガーゼタイプはウイルスを通してしまいます

インフルエンザが流行する時期になると,あっという間に品薄になってしまうのが「マスク」
新型インフルエンザが発生した当時,どこのお店に行っても
「マスク完売しました」
なんて,ビックリするようなこともありましたよね。
たくさん種類がある中で,どのマスクを選ぶのがインフルエンザ対策に一番効果的なんでしょうか?

インフルエンザ対策という面においてはガーゼマスクにあまり効果は期待できないんです。

小学校の給食当番でよく見かけた「ガーゼマスク」ですが,最近ではほとんど見かけなくなってしまいましたね。
このガーゼマスク,その名の通りガーゼを重ね合わせて作られただけのものなので目が粗くウイルスを簡単に通してしまうんです。

しかし,このガーゼマスク「保温性・保湿性」という面に関しては不織布マスクよりはるかに優秀!ですから,使用目的がのどの保湿や乾燥対策がメインであればガーゼマスクが一番おすすめだと言えます。

一昔前のイメージが強い「ガーゼマスク」ですが,最近では立体的に加工された『立体ガーゼマスク』や『プリーツガーゼマスク』など,改良が進んだものがたくさん発売されており,保温性・保湿性にプラスしてウイルスをシャットアウトする機能まで兼ね備えた優れモノも出てきています。

これは要チェックですね☆

 

≫≫ 高密度フィルターで花粉を99%カット!銀イオン抗菌ガーゼマスク


≫≫細菌やウイルスにも有効性を確認!銀イオン抗菌不織布マスク 20枚入

 

不織布マスクの使い捨てタイプが一番効果的!

インフルエンザ対策を一番重視するのであれば,やはり不織布性で使い捨てタイプのものが一番効果的でしょう。
ただし,不織布性ものであっても「花粉用」のものだと目が粗くウイルスを通してしまいます。購入するときは「ウイルス対策用」などと明記されていることを,必ず確認するようにしてくださいね。

医療業界用に製造されたこちらのマスクが超おススメです!

≫≫医療現場でも使われています!メディコム プロレーンマスク【ウイルス対策用】

 

そしてもう一つ大事なポイントとして「マスクの大きさ」があります。
大きければ顔の面積をたくさん覆うことができるからいいんじゃない?と思われがちですが,あまり大きすぎるとたるんでしまい,マスクと顔の隙間が広くなりウイルスが簡単に侵入してしまいます。
これではせっかくマスクをしていても効果が薄れてしまいますよね。

ちゃんとご自分の顔のサイズに合ったものを選ぶようにしましょう。

☆男性用ならḾサイズがオススメです
☆女性・お子さま用ならSサイズがオススメですよ♪

 

マスクは鼻からアゴまでしっかりカバーするのがポイント

マスクの効果を少しでも高めるためには,正しい使い方を知っておかなければいけません。

(Point.1)装着するときに「上下・裏表」を間違わないこと。鼻回り用のワイヤーが付いている方が上です。
(Point.2)出来るだけ顔との隙間を作らない!プリーツ型でマスクの上部にワイヤーが入っているタイプであれば,マスクをしてから必ず鼻や顔のカーブに合わせてワイヤーを曲げるようにしましょう。

子どもはマスクをよく引っ張ってずらしてしまいがちですので,時々注意して治してあげてくださいね(^^)

 

使用後の外し方・捨て方が大事なんです!

使っているマスクの表面にはインフルエンザなどのウイルスたちがいっぱい付いています。
マスクをしている時は,出来るだけ表面を触らないようにしましょう。
そして,外すときにも表面部分は持って外すことのないように!必ず耳にかけていたひもを持ち,そっと外すようにしましょう。
子どものマスクは親が外してあげると安心です。

外した後は表面にうっかり触ってしまうことのないよう,出来るだけ早くゴミ箱に捨てるようにしましょう。
近くにゴミ箱がない場合は,ビニール袋に入れておくようにするといいと思います。
外出先から帰宅した際には,家に外で外してマスクをビニール袋に入れてから玄関を開けるようにしましょう。

マスクは一日一枚の使い捨てが基本です。もったいないからといって同じマスクを使うことは絶対に避けてくださいね。
一度外したマスクは再度使わないようにしましょう。
そして,マスクを外した後は手洗いを忘れずに!

効果的なマスクの選び方・使い方のまとめ

☆不織布マスク(ウイルス対策用)が最も効果的
☆一日一枚使い捨てが基本
☆鼻からアゴまでしっかりカバーできるもの。大きすぎるも・小さすぎるものはNG!
☆マスクの表面にはウイルスがいっぱい!決して触らないように
☆マスクを外した後はビニール袋に入れるなどして,素早くゴミ箱に捨てること
☆使用後は手洗いを忘れずにしましょう

インフルエンザは予防がなによりも肝心です。
これらの注意点を守って,インフルエンザから自分や家族の身を守っていきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-インフルエンザ対策

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

関連記事

インフルエンザの予防接種,今年は受ける?判断に迷ったら読んでみて

もくじ1 予防接種をやめたらインフルエンザにかからなくなりました2 接種後も毎年のようにインフルエンザに感染・・3 接種後の発症!38℃超えの発熱。そして出席停止が続く・・4 ところがある年,予防接種 …

インフルエンザワクチンの接種はいつから?効果的なタイミングはいつ?

もくじ1 10月初旬からインフルエンザワクチンの予約が始まります2 子どもの場合は11月と12月に分けるのがベスト3 接種当日のお風呂はOK。でも激しい運動はNG! 10月初旬からインフルエンザワクチ …

インフルエンザ予防接種後の腫れやかゆみって大丈夫?気になる副反応について

もくじ1 インフルエンザの予防接種後,赤く腫れあがりました2 かゆみや腫れがひどくて我慢できないときは・・3 こんな副反応がみられることもあります4 副反応を抑えるためにも,予防接種は必ず体調のよい時 …

インフルエンザから急性中耳炎になった場合の対処法!≪子どもの合併症対策≫

もくじ1 インフルエンザから急性中耳炎に!2 急性中耳炎は抗生物質の投与で治療します3 急性中耳炎のつらい痛みを和らげる方法4  中耳炎を予防するためにできることがあります インフルエンザから急性中耳 …

子供がインフルエンザで発熱した!解熱剤を飲ませても大丈夫?

もくじ1 子供がインフルエンザで40度近い発熱!解熱剤は使うべき?2 解熱剤ならなんでもいいの?使ってはいけないものは?3 インフルエンザの熱は必ず下がります。焦らずに! 子供がインフルエンザで40度 …

プロフィール

☆いつも輝いているママの習慣☆
管理人の弥生(やよい)です❤
詳しいプロフィールはこちらから